均整忍冬唐草文軒平瓦

考古資料 / 飛鳥 / 奈良県 

出土地:奈良県斑鳩町 法隆寺出土
飛鳥時代・7世紀
土製
1個

法隆寺式の軒平瓦。西院伽藍創建時に塔、金堂に用いられた瓦です。中央飾りから左右に均等に唐草が伸びる均整唐草文としては古い部類で、飛鳥など他の地域で均整唐草文がみられるようになるのは文武天皇のころに藤原京の大官大寺で用いられてからです。

作品所在地の地図

関連リンク

均整忍冬唐草文軒平瓦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

均正忍冬唐草文軒平瓦(伝奈良県山村廃寺出土)
均正唐草文軒平瓦(伝東大寺西塔跡出土)
唐草文軒平瓦
唐草文軒平瓦

兵庫区雪御所町 雪御所遺跡出土

素弁八葉蓮華文軒丸瓦(伝奈良県横井廃寺出土)
素弁蓮華文軒丸瓦
ページトップへ