文化遺産オンライン

[四方谷五口魚]

作品概要

[四方谷五口魚]

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 江戸

江戸時代・文政6年(1823)

紙本着色

27.6×38.9

1枚

 絵師の狩野家にあったと思われる図の摸写。口が五口あり、空想上の魚のように見えるが、ミツクリザメを描いたものとする説もある。            
(2004/09/01_h16)

[四方谷五口魚]をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

摸写 / / 狩野 / 描く

関連作品

チェックした関連作品の検索