型吹き黄色唐草文ガラス四方向付 かたぶききおろからくさもんがらすしほうむこうづけ

ガラス / 江戸 

製作者不詳/日本製
江戸時代中期/1725年1775年
鉛ガラス
高5.5 口径8.2  比重3.54
5


来歴:1981神戸市

参考文献:
・神戸市立博物館『神戸市立博物館所蔵 阿蘭陀絵伊万里とびいどろ・ぎやまん展―江戸のオランダ趣味―』(福山市立福山城博物館、1998)

四方の腰部に唐草文を施し、四隅に切込みが入った「隅切り」形の向付です。くっきりと浮き出た唐草文は、透かし彫りを施した型にガラスを吹き込んで成形されたのでしょう。口縁は研磨処理されていますが、欠けが生じているものも含まれています。琥珀のような黄色いガラスは、鉄を混ぜることで発色しています。

【びいどろ・ぎやまん・ガラス】

作品所在地の地図

関連リンク

型吹き黄色唐草文ガラス四方向付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

型吹き渦巻文ガラス深皿
型吹き渦巻文ガラス深皿

製作者不詳/日本製

型吹き八重菊文蓋付ガラス碗
型吹き八重菊文蓋付ガラス碗

製作者不詳/日本製

金彩唐草文紫色栓付ガラス瓶
金彩唐草文紫色栓付ガラス瓶

製作者不詳/フランス製ヵ

切子格子文脚付ガラス杯
切子格子文脚付ガラス杯

製作者不詳/日本製

切子格子文角形ガラス三段重
切子格子文角形ガラス三段重

製作者不詳/日本製

ページトップへ