文化遺産オンライン

十六善神像

じゅうろくぜんしんぞう

作品概要

十六善神像

じゅうろくぜんしんぞう

絵画 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

絹本着色

28.9x45.9

2幅

十六善神は四天王、神将(しんしょう)、鬼神から構成される大般若経(だいはんにゃきょう)の守護神。この作品は明快な色彩感覚等から、南都(なんと)(奈良)絵仏師(えぶっし)によって描かれたと考えられる。その中尊として、彫刻の釈迦如来(しゃかにょらい)像もしくは仏舎利(ぶっしゃり)が使用された可能性が指摘されている。  (2005/07/20_h031)

十六善神像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 鎌倉 /

関連作品

チェックした関連作品の検索