旧相馬家住宅 主屋 きゅうそうまけじゅうたく おもや

その他の画像全5枚中5枚表示

住居建築 / 明治 / 北海道 

北海道
明治/1911頃
木造、建築面積319.12㎡、一部二階建、桟瓦葺・鉄板葺及び銅板葺
1棟
北海道函館市元町33番地1
重文指定年月日:20181225
国宝指定年月日:
株式会社エステート企画
重要文化財

 旧相馬家住宅は,函館屈指の実業家である相馬哲平が明治末期に建てた住宅で,函館市元町末広町伝統的建造物群保存地区内の,函館湾を望む高台に所在する。
 主屋は,内外とも和風意匠を基調とし,港を望む主座敷は,良材を駆使し,雄大な座敷飾を備えた上質な意匠の書院である。また玄関脇に設けた応接室は,外部を下見板張として窓枠などを植物紋様の彫刻で彩り,内部も天井の中心飾りやモールディングなど,繊細かつ上質な洋風意匠でまとめている。和洋の文化が調和する近代の函館における,意匠優秀な住宅として高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

旧相馬家住宅 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧相馬家住宅 土蔵
函館市元町末広町(港町 北海道)
旧高橋家住宅 表門
中村家住宅 主屋
旧藤澤家住宅主屋
ページトップへ