文化遺産オンライン

埴輪 猪

はにわいのしし

作品概要

埴輪 猪

はにわいのしし

考古資料 / 古墳 / 大阪府

出土地:大阪府堺市出土

古墳時代・5~6世紀

1個

背中にわずかに残るタテガミの表現から猪と分かりますが、表現はかなり崩れています。首から垂れた下向きの頭や鼻筋と平行に開けた目は、埴輪馬の顔だちから影響を受けたと考えられます。四脚の側面に穴をあける点は、近畿地方で作られたものの特徴です。

埴輪 猪をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

埴輪 / 古墳 / Kofun / Haniwa

関連作品

チェックした関連作品の検索