文化遺産オンライン

行書居庸賦巻

ぎょうしょきょようふかん

作品概要

行書居庸賦巻

ぎょうしょきょようふかん

/ / 中国

馮子振筆

制作地:中国

元時代・延祐4年(1317)

紙本墨書

(本紙)縦48.1 全長887.4

1巻

馮子振(ふうししん)は湖南省攸州(ゆうしゅう)の人。字は海粟(かいぞく)、号は怪怪道人。官は集賢侍制に至り、退職後は詩文書画を楽しみ禅学に専心しました。本作は居庸関(北京)を重遊した際に客との談話に疲れて詠じた賦を、のちに揮毫(きごう)したもの。長文を一気呵成に書き上げた力量は見事です。(富田氏執筆)(180828_t08)

行書居庸賦巻をもっと見る

馮子振筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

馮子 / China / 中国 / 振る

関連作品

チェックした関連作品の検索