Sliding Door Handles in Shape of Chrysanthemums, Leaf design in cloisonné

Details

Sliding Door Handles in Shape of Chrysanthemums, Leaf design in cloisonné

metalwork / Edo

Edo period, 18th century

Gold-copper alloy

縦9.2~9.25 横7.8~7.85

2個

引手金具とは、襖や障子など、戸の開閉に際して手がかりとする引手につけられた金具である。なかでも安土桃山時代には装飾的なものが登場し、様々な形状に、彫金、鍍金、そして七宝を施した色鮮やかで技巧を凝らした金具が多くみられる。

Related Works

Search items related to work chosen