龍頭 りゅうとう

その他の画像全3枚中3枚表示

金工 / 室町 

室町時代・嘉吉3年(1443)
1頭

 龍頭は袋状になった頸に竿を差し込んで、幡を立てるための仏具。口の中に束をたて、そこに幡の紐を結び付けて垂らした。現存する龍頭としては最も大きく、しかも嘉吉3年の銘文があり、制作年代の知られる作として資料的価値が高い。       

作品所在地の地図

関連リンク

龍頭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雲龍堆朱合子
雲龍堆朱合子

「大明宣徳年製」銘

白釉龍耳瓶
双龍環頭大刀
梵鐘
梵鐘

沈文殊

梵鐘
ページトップへ