立山文卵殻貼りパネル たてやまもんらんかくはりぱねる

漆工 / 昭和以降 / 富山県 

合田実 (1933~83)
ごうだみのる
富山県高岡市
昭和期
漆芸(蒔絵ヵ、卵殻貼り、箔)
(額内画面寸法)縦30.6㎝×横40.0㎝
(パネル寸法)縦31.4㎝×横40.6㎝
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

横構図。板に、金雲のたなびく朱の空を背景とした、卵殻を使用して立山と思われる白い山並みを、図案化して表現している。連峰は、卵殻貼りで表現しており、山頂付近は卵殻の面積が広く、下がるにつれて、砕いた小さな破片を使用して、画面上の凹凸が顕著である。金雲の描写は、日本画の金泥のような効果を見せ、ぼかしとともに、ごく細い線も引かれている。
蒔絵であるのか、さらに調査が必要である。
山腹の霞は、箔(プラチナ箔?)を引っ掻いた線で表現している。画面の下半分に、細かい卵殻の上から薄い金属が貼られている。銘の「実」では、金属をはがして下の朱塗をみせている。画面下半分ではフチに沿って金属的な光沢が出ている。(焼箔といわれる技法か?) 
 小品ではあるが、意匠・技術ともに新鮮さがあり、太平洋戦争後の日展系工芸が目指した革新性が伝わってくる。


※作者について

合田実は高岡市大坪町に居住していた。父である合田平吉(高岡市戸出町出身)から錆絵を、山崎立山から蒔絵を学んだ。昭和44年(1969)日展に初入選し、以後14回入選。日本現代工芸展、日本新工芸展でも、入選、入賞した。日展会友、日本新工芸家連盟会員であった。漆芸パネルにおいて、錆絵、蒔絵の技を駆使しながら、対象を一部抽象化したモダンな作風である。展覧会出品作においては、漆芸の新たな可能性が探求されている。


<主要参考文献>

高岡伝統産業青年会編集「伝統工芸名鑑」(1984)ほか

作品所在地の地図

関連リンク

立山文卵殻貼りパネルチェックした作品をもとに関連する作品を探す

高岡御車山文蒔絵パネル
金胎蒔絵漆箱 「飛翔」
孔雀鳩文研出蒔絵文庫
菖蒲文蒔絵文庫
菖蒲文蒔絵文庫

山崎立山

平文輪彩箱
平文輪彩箱

大場松魚

ページトップへ