古今和歌集断簡(筑後切) こきんわかしゅう ちくごぎれ

その他の画像全10枚中10枚表示

 / 鎌倉 

伏見天皇筆
鎌倉時代・13世紀
彩箋墨書
1巻

上下に藍の繊維を漉きこんだ雲紙に、伏見天皇が『古今和歌集』巻第18雑歌下の23首を書写したもの。『後撰和歌集』『拾遺和歌集』と合わせて60巻に及ぶ調度手本であった。『後撰和歌集』巻末の「永仁二年」の奥書から、伏見天皇30歳頃の筆であることがわかる。ルビ:あい、せんい、すきこんだ、くもがみ、ごせんわかしゅう、しゅういわかしゅう、ちょうどてほん

作品所在地の地図

関連リンク

古今和歌集断簡(筑後切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古今和歌集巻十七断簡(通切)
古今和歌集
古今和歌集

後伏見天皇筆

古今和歌集 巻第四巻首(筋切)
古今和歌集断簡(本阿弥切)
古今和歌集断簡(了佐切)
ページトップへ