文化遺産オンライン

大久保利通像

作品概要

大久保利通像

彫刻 / 明治

大熊氏広作

明治27年(1894)

石膏製、彩色

高75.8

1個

大熊氏広は武蔵国足立郡中居村(現在の鳩ヶ谷市)に生れた。明治9年(1876)工部美術学校が開設されると彫刻科に入学、イタリア人・ラグーザから彫刻を学んだ。靖国神社の大村益次郎像など数々の肖像彫刻が残されるほか、表慶館前のライオン像も大熊の作である。ルビ:こうぶびじゅつがっこう、おおむらますじろう、ひょうけいかん

大久保利通像をもっと見る

大熊氏広作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

彫刻 / / / 学校

関連作品

チェックした関連作品の検索