文化遺産オンライン

近衛忠熈像

作品概要

近衛忠熈像

彫刻 / 明治

長沼守敬作

明治32年(1899)

石膏製、彩色

高72.7

1個

幕末に公武合体派として活動した公卿、近衞忠凞の像。長沼はヴェネツィア王立美術学校で彫刻を学んだ後、東京美術学校等に勤務。代表作「農夫」が有名だが当時の著名な人物の肖像彫刻も多く手がけた。本作品は帝国博物館(当館の前身)の依頼で制作された。

近衛忠熈像をもっと見る

長沼守敬作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

彫刻 / 学校 / 美術 / 東京

関連作品

チェックした関連作品の検索