道成寺縁起(B本) どうじょうじえんぎ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期/1824
紙本著色
縦27.5cm,全長1184.4cm
1巻

 詞書と画面を繰り返すという手法を取らず、画面を連続させて、余白に場面をつなぐ筋書きと台詞を短く記している。著しい省略と風俗描写の変更は否めないが、構図・台詞などが道成寺本(室町時代後期・重要文化財)の強い影響を受けていることが認められる。巻頭には、『法華経』の功徳を述べ、鐘巻のあらましを描いた画にはしがきを記したという、文政7年(1824)2月の「南紀 藤原信正」なる人物の序文が付けられているが、この人物については現在のところ詳らかではない。

作品所在地の地図

関連リンク

道成寺縁起(B本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

道成寺縁起(A-1本)
日高川草紙
高祖大師秘密縁起 巻七~巻十
泰西風俗図屏風
北野天神縁起絵巻
ページトップへ