熊中奇観 ゆうちゅうきかん

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期
紙本著色
(上巻)縦30.4cm,全長1506.0cm,(下巻)縦30.4cm,全長1315.0cm,(那智山図)縦60.8cm,横113.2cm
2巻1帖

 本品は、紀伊半島の海岸線に連なる熊野街道の景観・名所・物産を、博物学的な興味のもとに、詳細な解説文を交えながら描いた資料である。伊勢国の田丸城下(現・三重県玉城町)から潮岬までと、本宮から和歌山までを描いた巻子2巻および那智山周辺を描いた折帖1帖からなる。作者は不明であるが、巻子2巻は大坂の酒造家で趣味人・町人学者であった木村蒹葭堂(1736~1802)旧蔵の『南紀巡覧図』の写本と思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

熊中奇観チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大辺路・中辺路及熊野川図
熊野権現縁起絵巻
日本山海名産図会
日本山海名産図会

木村孔恭(兼葭堂)著蔀関月画

紙本著色小浜城下蘇洞門景観図巻
熊野奇勝図帖
熊野奇勝図帖

谷文晁

ページトップへ