芸州広島ヨリ江波御船場迄御行列図 げいしゅうひろしまよりえばおふねばまでごぎょうれつず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期
紙本著色
縦19.2cm,全長1880.5cm
1巻

 徳川茂承(1844~1906)は、13代藩主慶福(1846~66)が将軍職に就いた後を受けて14代藩主となった。慶応元年(1865) 5月、茂承は幕府から第2次長州征伐御先手総督を命じられる。閏5月、大軍を率いて和歌山を出陣し大坂に入り、翌2年6月3日、蒸気船明光丸で長州に出撃した。戦闘は8月まで続くが幕府軍の大敗に終わり、茂承も9月6日には大坂に帰還した。本図は、敗戦後の茂承以下紀伊藩兵が、広島城下から郊外の江波湊まで行軍して、撤退する様子を描いた行列図である。

作品所在地の地図

関連リンク

芸州広島ヨリ江波御船場迄御行列図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太田春長出陣ノ図
太田春長出陣ノ図

二代歌川広重

御出陣
小瀬川合戦図
長州征伐行列図
徳川茂承写真
ページトップへ