紙本著色弘前八幡宮祭礼図巻 しほんちゃくしょくひろさきはちまんぐうさいれいずかん

その他の画像全4枚中4枚表示

日本画 / 江戸 / 東北 

伝 今村養淳惟慶
青森県
近世
紙本著色巻子装
紙高28.5cm、全長:巻一2,317.2cm、巻二2,101.1cm、巻三2、552.6cm、巻四2,470.0cm、巻五2,834.3cm
弘前市大字下白銀町2番地1 弘前市立弘前図書館
青森県指定
指定年月日:20200904
弘前市
有形文化財(美術工芸品)

弘前八幡宮祭礼は天和2年(1682)、四代藩主津軽信政の時、8月15日の八幡宮祭礼に、はじめて神輿の渡御が行われ、享保7年(1722)頃からは、飢饉の年を除いてほぼ隔年ごとに行われた。祭礼の行列は、各町内から出された町印や山車、武具を備えた藩士の行列、神輿の渡御からなり、城下最大の祭りであった。

関連リンク

紙本著色弘前八幡宮祭礼図巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色 小浜祇園祭礼図
津軽越中守行列之図
津軽越中守行列之図

山上魯山 和田仙濤

新井晴峰筆 紙本著色観桜観楓図屏風
馬見岡綿向神社祭礼渡御図絵馬
明治四年未七月士族在籍引越際之地図並官社学商現在図
ページトップへ