お山参詣図襖絵 おやまさんけいずふすまえ

絵画  日本画 / 明治 / 日本  東北  青森県 

工藤仙来 (1863~1944)
くどうせんらい
青森県
明治時代
紙本著色
各面縦170㎝ 横107㎝
四面一式
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市指定有形文化財
弘前市
地方指定文化財

お山参詣(岩木山の登拝行事、国指定重要無形民俗文化財)は、津軽一円から岩木山へ向い、旧暦8月1日の日の出を拝むために集団登拝する民俗信仰行事である。作者の工藤仙来は、文久3年(1863)生まれの弘前の画家で、画業のほかに漆芸にも長じていた。この襖柄は明治時代のお山参詣の風俗をよく伝えており、民俗資料としても価値を持つ。

作品所在地の地図

関連リンク

お山参詣図襖絵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岩木山の登拝行事
津軽越中守行列之図
津軽越中守行列之図

山上魯山 和田仙濤

ねぷた絵
紙本墨画淡彩松に虎の図
紙本淡彩四季農耕の図
ページトップへ