弘前城杉戸 ひろさきじょうすぎと

建造物  城郭建築 / 明治 / 日本  東北  青森県 

 (推定1869~)
青森県
明治時代/1869 推定
杉板著色
各縦173.0㎝ 横95.0㎝
二面一式表裏
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市 

片面は「唐子遊戯図」、片面は「花車図」が描かれ、弘前城中で使用されたと伝えられる。一間幅の杉戸で通常のものより狭く、廃藩時の弘前城本丸御殿で該当する場所は奥と大奥の境のみである。「花車図」に津軽・近衛両家の家紋である牡丹と本姓・藤原氏の藤が描かれていることから、最後の藩主・津軽承昭と近衛尹子の婚礼に際して設けられたと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

弘前城杉戸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津軽越中守行列之図
津軽越中守行列之図

山上魯山 和田仙濤

津軽弘前城之絵図
牡丹紋付貝桶
松藤菊図
松藤菊図

鶴沢探泉

十六武蔵
ページトップへ