津軽凧絵 つがるたこえ

絵画  その他 / 明治  大正  昭和以降 / 日本  東北  青森県 

青森県
明治~昭和
紙本彩色
半紙版~西の内12枚(西の内1枚が半紙の2倍サイズ)
340枚
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市

弘前での凧揚げの初出記録は江戸時代後期と言われるが、明治時代半ばから盛んになり、この頃に武者絵の大首絵を主流とする津軽凧絵が確立した。弘前市立博物館が収蔵する津軽凧絵は、明治時代から昭和時代までのものである。

作品所在地の地図

関連リンク

津軽凧絵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ねぷた絵
松藤菊図
松藤菊図

鶴沢探泉

津軽為信墨付
山水図屏風
山水図屏風

狩野常信

津軽越中守行列之図
津軽越中守行列之図

山上魯山 和田仙濤

ページトップへ