ねぷた絵 ねぷたえ

絵画  その他 / 明治 / 日本  東北  青森県 

青森県
明治~現代/1868~
紙本彩色蝋描
一括
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市
国指定重要無形民俗文化財

国指定重要無形民俗文化財である「弘前のねぷた」は、囃子にあわせて山車灯籠を引く民俗行事である。山車の形は、現在では、明治半ばに成立した扇ねぷたが主流になっている。扇ねぷたは山車の枠に絵を貼るもので、ねぷた絵は毎年新調され、再利用することは無い。行事としてのねぷたの確実な記録は享保7年(1722)までさかのぼるが、遺品の最古のものは明治元年に弘前藩士の小島左近が描画した5枚組のねぷた絵である。弘前市立博物館収蔵のねぷた絵は、小島左近筆の最古のねぷた絵から現代の扇ねぷたのねぷた絵まで約180件を数え、絵画資料としても貴重なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

ねぷた絵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

弘前のねぷた
津軽凧絵
お山参詣図襖絵
お山参詣図襖絵

工藤仙来

紙本淡彩四季農耕の図
津軽為信墨付
ページトップへ