熊野奇勝図帖 くまのきしょうずちょう

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

谷文晁 (1763-1840)
たにぶんちょう
江戸時代中期/1796
紙本淡彩
縦28.5cm,横34.0cm
4面

 江戸時代後期の江戸の南画家・谷文晁(1763~1840)は、諸国を巡歴して各地の真景図を描いている。この画帖は、各面に葵瀑布(熊野川町田長)・北山川・印南村・山本村(熊野川町能城山本)・道成寺・熊野本宮・新宮城大伴崎・高山村(本宮町高山)の8つの景観を、丁寧に描いている。おそらく、老中・松平定信の命による『集古十種』編纂を目的とした、寛政8年(1796)の京・大坂から大和・紀伊への旅行の中で、熊野を訪れた経験をもとにして描いた作品と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

熊野奇勝図帖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八仙人図
八仙人図

谷文晁

大辺路・中辺路及熊野川図
赤坂庭園五十八勝図
熊野本宮社頭図
熊野本宮社頭図

岩瀬広隆原画

谷文晁画 柴野栗山賛 朱舜水像
ページトップへ