熊野本宮社頭図 くまのほんぐうしゃとうず

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  近畿 

岩瀬広隆原画 (1808-1877)
いわせひろたか
江戸時代後期
版本著彩
縦45.3cm,横62.5cm
1面

 本図は、『紀伊国名所図会』の挿絵を担当するために、京都から招かれて紀州の人となった大和絵師・岩瀬広隆(1808~77)原画の版本に、鈴木雲渓(1867~1945)がのちに彩色を加えたものである。明治22年(1889)の大水害に罹り、熊野川右岸の現在地に移される以前、熊野川の中洲・大斎原に鎮座した熊野本宮大社およびその周辺の景観が克明に描写されている。

作品所在地の地図

関連リンク

熊野本宮社頭図 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

熊野奇勝図帖
熊野奇勝図帖

谷文晁

博雅三位図
博雅三位図

岩瀬広隆

大辺路・中辺路及熊野川図
紀伊国名所図会
紀伊国名所図会

高市志友(出版)

紀伊国名所図会
ページトップへ