文化遺産オンライン

紀伊国名所図会

きいのくにめいしょずえ

作品概要

紀伊国名所図会

きいのくにめいしょずえ

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 文書・書籍 / 江戸 / 日本 / 近畿

高市志友(出版)  (1751-1823)

たけちしゆう

江戸時代後期刊

版本

各縦26.0cm,横18.2cm

23冊

 江戸時代後期に和歌山城下の書肆・帯屋伊兵衛(高市志友)によって企画された紀伊国全体に関する地誌で、紀伊藩領だけでなく高野山寺領についても掲載する。初編と二編(高市志友編)は文化9年(1812)、三編(加納諸平編)は天保9年(1838)、後編(加納諸平・神野易興編)は嘉永4年(1851)に、それぞれ刊行されている。単に名所だけでなく、広範な地名や寺社について掲載しており、『紀伊続風土記』とならび、江戸時代後期の紀州に関する基本的文献の一つに数えられる。

紀伊国名所図会をもっと見る

高市志友(出版)をもっと見る

和歌山県立博物館をもっと見る

キーワード

紀伊 / 和歌山 / 図会 /

関連作品

チェックした関連作品の検索