博雅三位図 はくがのさんみず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

岩瀬広隆 (1808-1877)
いわせひろたか
江戸時代後期
絹本著色
縦30.0cm,横34.6cm
1幅

 本品は、平安時代中期に雅楽の名手といわれた源博雅(918~80)が、3年間都から逢坂関に通いつめて、ようやく盲目の楽人・歌人であった蝉丸(生没年不詳)から秘曲の伝授を得たという、『江談抄』や『今昔物語集』に収録された故事を描いたものである。小品ではあるが、繊細な表現が印象的な佳作である。作者の岩瀬広隆は、古典文学や故事に題材を求めた大和絵をよくした画人である。

作品所在地の地図

関連リンク

博雅三位図 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木工権守孝道図(博雅三位図)
熊野本宮社頭図
熊野本宮社頭図

岩瀬広隆原画

蘭亭図
蘭亭図

伝 仇英

絹本著色唐太宗花鳥図〈小田野直武筆/〉
和歌浦名草山図屏風
ページトップへ