谷文晁画 柴野栗山賛 朱舜水像 たにぶんちょうが しばのりつざんさん しゅしゅんすいぞう

絵画 / 江戸 / 日本 

谷文晁・柴野栗山
たにぶんちょう・しばのりつざん
香川県外
江戸時代(寛政9年)/1797
掛幅装
115.6×52.9
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

朱舜水(1600~82)は中国明朝の遺臣で、日本に渡った後、水戸に迎えられて徳川光圀や水戸学者達に影響を与えた。本図は、江戸の画家・谷文晁(1763~1841)が朱舜水を描き、讃岐の儒者・柴野栗山が賛を寄せた作品で、文晁の款記にある「 」の文字から、舜水像は別の画像を摸して描いたものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

谷文晁画 柴野栗山賛 朱舜水像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

覆盆子二猿図
覆盆子二猿図

[画]森狙仙  [賛]柴野栗山

鯉の滝登り図
鯉の滝登り図

(画)楫取魚彦 (賛)柴野栗山

八仙人図
八仙人図

谷文晁

服深衣議
服深衣議

朱舜水筆

大原呑舟画 藤原東垓賛 曲水宴図
ページトップへ