覆盆子二猿図 ふくぼんしにえんず

絵画 / 江戸 / 香川県 

[画]森狙仙  [賛]柴野栗山
もりそせん・しばのりつざん
香川県全域
江戸時代/18世紀
掛幅装
105.2×33.8
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

森狙仙(1747~1821)は大坂画壇の代表的な画家で、猿を描いて知られた。また柴野栗山(1736~1807)は讃岐国牟礼出身の儒者で、尾藤二洲や古賀精里と共に寛政の三博士と称された。両者の関係は深く、文化年間に狙仙が「祖仙」から改称したのは栗山の助言によると言われている。本図は、狙仙の描いた猿図に栗山が賛を寄せたもので、二人の親交を示す興味深い作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

覆盆子二猿図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋山遊猿図
秋山遊猿図

森狙仙筆

鯉の滝登り図
鯉の滝登り図

(画)楫取魚彦 (賛)柴野栗山

谷文晁画 柴野栗山賛 朱舜水像
牛図屏風
牛図屏風

森徹山筆

春日社頭鹿猿図
ページトップへ