文化遺産オンライン

五言絶句

ごごんぜっく

作品概要

五言絶句

ごごんぜっく

/ 江戸

尾藤二洲筆

江戸時代・19世紀

紙本墨書

1幅

二洲は江戸後期の儒学者で頼山陽の叔父。柴野栗山・古賀精里とともに寛政の三博士と呼ばれた。特に漢詩に造詣が深く、その学問は簡明にして重厚、特に歴史事象の考察を得意として「寛政異学の禁」以後の儒学界をリードした。その字も明瞭な表現が特徴的。

五言絶句をもっと見る

尾藤二洲筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

柴野 / Phrases / Edo / 栗山

関連作品

チェックした関連作品の検索