菅茶山関係資料 かんちゃざんかんけいしりょう

その他の画像全2枚中2枚表示

歴史資料 / 江戸 / 中国・四国 

広島県
江戸
紙本墨書
5369点
福山市西町2-4-1
重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:
広島県
国宝・重要文化財(美術品)

 菅茶山(1748~1827)は、江戸時代後期の漢詩人、教育者として知られる。茶山の漢詩は、唐詩偏重を排して宋詩に範をとり、日常の感興を平明かつ写実的に表現する詩風を確立したと評価される。生涯の漢詩2413首を収録する『黄葉夕陽村舎詩』(前編文化9年<1812>、後編文政6年<1823>、遺稿天保3年<1832>)は、当時最も広く親しまれた詩集であり、詩人としての茶山の名声を高めた書物である。一方、天明元年(1781)頃、郷里神辺に私塾黄葉夕陽村舎(後、廉塾、神辺学問所、現・福山市)を開き、多くの門弟を輩出し、後には福山藩の儒者として藩校弘道館にて経書を講じた。この間、青年期および壮年期における度重なる上方への遊学、文化年間の2度にわたる江戸滞在の期間を含めて、全国の学者・文人等と親交を結んだ。
 本件は、塾書庫・母屋等に保管されてきた5369点の資料群で、菅茶山の事績に関する最もまとまった一群になる。平成7年および20年に広島県立歴史博物館に寄贈された。
 著述稿本類は、漢詩文、和歌、俳句、随筆、紀行文、地誌類および意見書、覚書類からなるが、223点と多数を占める『黄葉夕陽村舎詩』の草稿類が注目される。草稿段階において、茶山自らが詩の選択、校正を繰り返し行っただけでなく、前編は六如、那波魯堂、頼山陽に、後編は武元君立、北條霞亭、頼春水、頼山陽に批正を仰いだことを反映し、これら草稿本も校正段階に応じ内容を異にし、各本に茶山による切継、校正、選択や批正者による選択、註記等が施され、出版に至る経過を伝える資料群となっている。
 文書・記録類は、日記、記録、文書、覚書および詩歌類からなる。日記は日用日記と紀…

作品所在地の地図

関連リンク

菅茶山関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菅茶山関係資料
廉塾ならびに菅茶山旧宅
五言絶句
五言絶句

菅茶山筆

小野蘭山関係資料
間重富関係資料
ページトップへ