文化遺産オンライン

赤坂庭園五十八勝図

あかさかていえんごじゅうはっしょうず

概要

赤坂庭園五十八勝図

あかさかていえんごじゅうはっしょうず

日本画 / 絵画 / 江戸 / 日本 / 近畿

谷文晁  (1763-1840)

たにぶんちょう

江戸時代中期/1797

紙本淡彩

縦39.0cm,横607.3cm

1巻

 紀伊徳川家中屋敷赤坂邸には、台地と谷を利用して作られた広大な赤坂庭園があった。庭内は外苑と内苑とから成り、50数か所の名所があったという。本品は、寛政9年(1797)、紀伊藩主徳川治宝の命を受けた文人画家・谷文晁(1763~1840)が、その景観を描いた作品の下絵である。8つの図を描いて1巻に仕立てたもので、起伏に富む回遊式庭園の様子を写し取っている。

赤坂庭園五十八勝図 をもっと見る

谷文晁をもっと見る

和歌山県立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 徳川 / 治宝

関連作品

チェックした関連作品の検索