文化遺産オンライン

八仙人図

はっせんにんず

作品概要

八仙人図

はっせんにんず

日本画 / 絵画 / 江戸 / 日本

谷文晁

たにぶんちょう

文政8年(1825)

絹本・着色

縦124.2×横49.6

3幅対

江戸時代後期の画家谷文晁は関東画壇の中心的存在。白河藩主・幕府老中を勤めた松平定信との親交も谷文晁筆「八仙人図」(福島県立博物館蔵)厚く、定信が中心となって進めた古文化財図録『集古十種』の編纂にも携わりました。本図は文晁円熟期の高い技量を示しています。

八仙人図をもっと見る

谷文晁をもっと見る

福島県立博物館をもっと見る

キーワード

/ 定信 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索