柄香炉 えごうろ

金工 / 平安 / 和歌山県 

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土
平安時代・11世紀
銅鋳造
1柄

柄香炉は火(か)炉(ろ)、長(なが)柄(え)、鎮(ちん)子(す)(重し)から構成されるが、これは鎮子に瓶形をつけているところから瓶鎮柄香炉と呼ばれる。この形式は平安時代に流行し、日本で創造されたとされてきたが、近年中国で類例が出土し、その源流が中国に求められるようになった。

作品所在地の地図

関連リンク

柄香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅獅子鎮柄香炉
銅蓮華形柄香炉
金銅柄香炉
金銅瓶鎮柄香炉
錫杖頭
ページトップへ