Incense Burner in the Shape of a Lotus Flower with a Handle

Details

Incense Burner in the Shape of a Lotus Flower with a Handle

metalwork / Kamakura

Kamakura period, 13th century

Gilt cast bronze

1柄

 柄香炉は、僧が手に持ち薫香を仏に捧げる時に用いる。飛鳥時代から遺品が残り、一般的に柄と火炉からなり、柄先に鎮子(ちんす)を置くが、これは火炉を筋弁入の八葉蓮華、柄も蓮茎として全体を蓮華でまとめている。この形式は鎌倉時代に多く見られる。 

Related Works

Search items related to work chosen