金銅柄香炉 こんどうえごうろ

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 南北朝 

南北朝時代・正平7年(1352)
銅鋳造・鍍金
1柄

柄香炉は、火炉に長い取っ手(柄)のついた香炉。香をたいて仏を供養する供養具でもあり、また僧侶が持つべき道具すなわち僧具のひとつとしても、古くから挙げられている品目である。本作は南北朝時代の年記どおり、シンプルでやや形式化した形姿である。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅柄香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅蓮華形柄香炉
銅獅子鎮柄香炉
鵲尾形柄香炉
金銅柄香炉〈鵲尾形/(法隆寺献納)〉
柄香炉
ページトップへ