銅獅子鎮柄香炉 どうししちんえごうろ

金工 / 奈良 

奈良時代・8世紀
銅鋳造
1柄

柄香炉は手炉ともいい、手に執って薫香を仏に献ずる仏具である。鎮子が獅子形をしていることから、この名で呼ばれる。飛鳥時代の鵲尾形柄香炉についで奈良時代に盛行した形式と考えられている。類品が中国・唐時代の遺跡からも出土している。

作品所在地の地図

関連リンク

銅獅子鎮柄香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅蓮華形柄香炉
柄香炉
鵲尾形柄香炉
金銅柄香炉〈鵲尾形/(法隆寺献納)〉
金銅柄香炉
ページトップへ