紀州熊野浦捕鯨図屏風 きしゅうくまのうらほげいずびょうぶ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期
紙本著色
縦123.9cm,横340.3cm
6曲1隻

 太地浦を中心に、串本から木ノ本浦(現・三重県熊野市)にいたる熊野灘沿岸の景観と沖合での捕鯨の様子を描いた屏風。紀州において捕鯨業の中心であった熊野灘付近には、古座組・太地組・三輪崎組の3つの捕鯨組織(鯨方・鯨組)があり、それぞれの網代場(鯨漁場)が決まっていた。構図からみて、本図は太地鯨方の網代場を中心に描いたものと考えられる。左下の太地浦浜では、鯨の解体の様子や番所・納屋などの建物が詳細に描写されている。捕鯨の方法である、突取法と網取法がそれぞれ表現されている点も興味深い。

作品所在地の地図

関連リンク

紀州熊野浦捕鯨図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紀州熊野太地三輪崎鯨方捕鯨図
長門の捕鯨用具
熊野百景写真帖
熊野百景写真帖

久保昌雄

和歌浦図屏風
源平合戦図屏風
ページトップへ