熊野百景写真帖 くまのひゃっけいしゃしんちょう

歴史資料  文書・書籍 / 日本  近畿 

久保昌雄 (1864-1938)
くぼまさお
明治/1900
写真
各縦13.0cm,横18.8cm
2帖

 明治33年(1900)5月に新宮の写真家・久保昌雄(1864~1938)が、皇太子(後の大正天皇)の成婚を祝して、熊野の景観から百景を選んで写真帖を献上した。これが好評であったため、焼き増しされたのがこの写真帖である。新宮から本宮・湯峯・瀞峡までと三輪崎から那智山までを1帖に、那智から太地・古座・串本までと鵜殿から七里御浜・有馬、尾鷲までを残り1帖に収めている。名所・旧跡の景観を撮影した写真が多いが、中には熊野川の筏流しや帆船・曳船・三輪崎浦の捕鯨など、当時の産業や生活をうかがうことができるものもある。

作品所在地の地図

関連リンク

熊野百景写真帖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大辺路・中辺路及熊野川図
紀州熊野浦捕鯨図屏風
『富山県写真帖』
『富山県写真帖』

富山県,印刷:田山宗堯

熊野参詣道<BR/> 紀伊路<BR/> 中辺路<BR/> 大辺路<BR/> 小辺路<BR/> 伊勢路<BR/> 熊野川<BR/> 七里御浜<BR/> 花の窟
熊中奇観
ページトップへ