文化遺産オンライン

長門の捕鯨用具

ながとのほげいようぐ

概要

長門の捕鯨用具

ながとのほげいようぐ

有形民俗文化財 / 中国・四国 / 山口県

山口県

140点

長門市通671-17

指定年月日:19750903
管理団体名:
内訳:捕鯨関係用具34点 解体用具33点 加工用具9点 船関係用具17点 仕事着11点 その他36点

長門市

重要有形民俗文化財

長門北浦沿岸では、古くから捕鯨が行われ、特に寛文・延宝頃(17世紀後半)から「網捕り」による鯨組が結成され、萩藩の保護を受けて我が国の代表的捕鯨地であった。この資料は、「網捕り」当時の捕鯨用具を中心に、捕獲、解体、加工、船関係、仕事着等にわたり網羅的に収集したものである。

長門の捕鯨用具をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

用具 / 漁撈 / 漁具 /

関連作品

チェックした関連作品の検索