文化遺産オンライン

戸張孤雁氏像

とばりこがんしぞう

作品概要

戸張孤雁氏像

とばりこがんしぞう

彫刻 / 明治

荻原守衛作

明治42年(1909)

銅造

高51.2

1個

作者の荻原守衛は、ロダンの作風をわが国に伝え、日本彫刻の近代化を進めた。戸張孤雁(1882~1927)とは親交が深く、片手を頬にあて物思いにふける様子は、守衛の影響で彫刻家を志したという狐雁の内面までよくあらわす。第7回太平洋画展出品作。

戸張孤雁氏像をもっと見る

荻原守衛作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

守衛 / 荻原 / 彫刻 / ロダン

関連作品

チェックした関連作品の検索