文化遺産オンライン

ねこ

作品概要

ねこ

彫刻 / 明治

戸張孤雁作

明治43年(1910)

銅造

高14.5×長さ40.9×幅34.0

1個

孤雁はニューヨークで絵画を学んでいた時に荻原守衛に出会い、帰国後、守衛のモデルをつとめたことがきっかけとなって彫刻をはじめた。その翌年に守衛が急逝し、本作品が制作された。肢体を伸ばして毛づくろいする猫の柔軟な身体がよく表現されている。

をもっと見る

戸張孤雁作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

守衛 / 荻原 / 彫刻 / ロダン

関連作品

チェックした関連作品の検索