老人の首

その他 

中原悌二郎 (1888-1921)
ナカハラ、テイジロウ
大正5年/1916
ブロンズ・1
60.0×38.0×40.0
3回院試作展 上野日本美術院 1916

155 
老人の首 中原悌二郎作 一個

ブロンズ
高六〇・〇
大正五年(一九一六)
東京国立近代美術館

中原悌二郎(一八八八〜一九二二)は、北海道釧路に生まれる。上京し、絵を学ぶが、荻原守衛と出会い、その死をきっかけに彫刻に転ずる。約十年間の活動、十点あまりの作品を残したのみで、肺結核で天折。この作品は、彫刻を始めてまもない頃のもので、第四回文展に入選。白樺美術展で実作を見てうけたロダンの影響をうかがわせる。それは、写実にとどまることなく空間に広がりを与えるということだった。ただ、彼の後の作品は、むしろロダン流以降の様式の彫刻として位置づけられるものである。





作品所在地の地図

関連リンク

老人の首チェックした作品をもとに関連する作品を探す

若きカフカス人
若きカフカス人

中原悌二郎

石井鶴三氏像
石井鶴三氏像

中原悌二郎

墓守〈朝倉文夫作/石膏原型〉
若きカフカス人
若きカフカス人

中原悌二郎

虚無
虚無

戸張孤雁

ページトップへ