刀 銘 大阪住月山貞一精鍛之 明治二十七年十二月日 彫物同作

その他の画像全3枚中3枚表示

その他 / 明治 

月山貞一作
明治27年(1894)
1口
銘文:大阪住月山貞一精練之/明治二十七年二月日 彫物同作

月山貞一は幕末から明治・大正にかけて活躍した大阪の刀工。明治9年(1876)の廃刀令によって多くの刀工が転業したが、貞一は作刀を続け、明治39年(1906)には帝室技芸員に任命された。この刀は地(じ)鉄(がね)や刃(は)文(もん)は力強い相州伝の作風を示し、刀身彫刻が巧みである。

作品所在地の地図

関連リンク

刀 銘 大阪住月山貞一精鍛之 明治二十七年十二月日 彫物同作チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀 銘 明治三十一年十一月日 日本美術協会大阪支会技芸員月山貞一 依日本美術協会大阪支会嘱謹鍛之
短刀 銘 帝室技芸員月山貞一謹彫同作 大正元年十月吉日七十六翁 附 海軍短剣
刀 銘太阿月山源貞一作之(花押)/昭和甲寅年仲秋
刀 銘 月山正信作 永正二年八月吉日
刀 銘 九州肥後同田貫上野介
ページトップへ