線刻蔵王権現鏡像 せんこくざおうごんげんきょうぞう

金工 / 平安 / 奈良県 

出土地:奈良県天川村 大峯山頂遺跡出土
平安時代・10~12世紀
銅製
1面

奈良県大峯山は古くは信仰の対象となり、奈良時代以降は修行の場としての重要性が高まりました。平安時代には蔵王権現という仏が生み出され、その姿を描いた鏡像が多数奉納されました。なかでもこの鏡像は大型で、蔵王権現を力強く描いた優品です。

作品所在地の地図

関連リンク

線刻蔵王権現鏡像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

線刻蔵王権現鏡像
子守三所権現鏡像
線刻水分三神鏡像
蔵王権現鏡像
蔵王権現立像
ページトップへ