文化遺産オンライン

伎楽面 酔胡従

ぎがくめん すいこじゅう

作品概要

伎楽面 酔胡従

ぎがくめん すいこじゅう

彫刻 / 奈良

奈良時代・8世紀

乾漆造

26.3×21.0

1面

古代の仮面芸能に使われた伎楽面のうち、ペルシア人の王とこれに仕える従者が酒に酔うという演目で用いられた。現存する古代の伎楽面には法隆寺と東大寺に伝わるものがあり(法隆寺旧蔵面は法隆寺宝物館にて展示中)、本作は大仏の開眼供養会+かいげんくようえ+にて用いられた可能性がある。

伎楽面 酔胡従をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

伎楽 / 乾漆 / 開眼 /

関連作品

チェックした関連作品の検索