文化遺産オンライン

乾漆伎楽面

かんしつぎがくめん

作品概要

乾漆伎楽面

かんしつぎがくめん

彫刻 / 奈良

奈良時代

乾漆

縦31.2

1面

文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9

国(文化庁)

開口する力士形の面で、麻布を貼り固めて乾漆で肉付けする技法により作られる。その技法および造形は、正倉院と東大寺に伝わる東大寺大仏開眼供養会に用いられた伎楽面に類しており、奈良時代の乾漆製伎楽面として極めて貴重な遺品である。

乾漆伎楽面をもっと見る

国(文化庁 美術工芸品)をもっと見る

キーワード

伎楽 / 乾漆 / 開眼 /

関連作品

チェックした関連作品の検索