菩薩坐像 ぼさつざぞう

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 / 中国 

制作地:中国・チベットまたはネパール
15~16世紀
銅造、鍍金
1躯

両手から蓮華の茎が伸び、蓮台には仏の名前を示す持物があったと思われますが、今は失われて名前は分かりません。剣と経典を載せていたならば、文殊菩薩とも考えられます。装身具には貴石を嵌+は+めた痕跡があり、艶めかしい表情からも中央チベットで制作された可能性があります。

作品所在地の地図

関連リンク

菩薩坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ツォンカパ坐像
無量寿仏坐像
チャクラサンヴァラ父母仏立像
白色ターラー菩薩坐像
仏頂尊勝母坐像
ページトップへ