ツォンカパ坐像 つぉんかぱざぞう

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 /  / 中国 

制作地:中国
清時代・17~18世紀
金銅造
1躯

複雑な教えや儀礼の継承が必要とされるチベット仏教では祖師が重視され、ラマと呼ばれる師匠は信仰の対象となりました。両手に持つ蓮華に文殊菩薩の象徴である剣と経典を載せる像は、最大宗派であるゲルク派の祖ツォンカパとみられます。頭には布製の頭巾+ずきん+をつけていたのでしょう。

作品所在地の地図

関連リンク

ツォンカパ坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菩薩坐像
ヴァジュラバイラヴァ父母仏立像
無量寿仏坐像
チャクラサンヴァラ父母仏立像
チューギェル立像
ページトップへ