文化遺産オンライン

ヴァジュラバイラヴァ父母仏立像

ヴぁじゅらばいらヴぁふぼぶつりゅうぞう

作品概要

ヴァジュラバイラヴァ父母仏立像

ヴぁじゅらばいらヴぁふぼぶつりゅうぞう

彫刻 / / 中国

制作地:中国

清時代・17~18世紀

銅造、鍍金

総高17.6 像高14.3

1躯

死神のヤマをも滅ぼすというヤマーンタカのうち、「恐るべき忿怒尊」を意味する仏。水牛の頭に呪術的な道具を持ち、鳥獣や神々を踏みつけながら、妃を抱擁する異形に表わす。最上段の頭は文殊菩薩で、倒した敵を浄土へ導く。チベット仏教を信奉した中国・清朝で造られたもの。

ヴァジュラバイラヴァ父母仏立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Qing / China /

関連作品

チェックした関連作品の検索