二金蝶堂印譜 にきんちょうどういんぷ

歴史資料 / 近現代 / 中国 

趙之謙作
制作地:中国
中華民国時代・20世紀
紙本鈐印
24.4×13.9
8冊

現在見られる『二金蝶堂印譜』には、光緒34年(1908)に自らの収蔵品を編集した徐士愷本と、民国に入ってから蔵書家として知られる林石廬の編集になるものとがある。本書は林石廬本。1葉に1顆ずつ、精緻な印影と側款を収め、書柱下部に「石廬拓賞」と注記する。

作品所在地の地図

関連リンク

二金蝶堂印譜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

呉趙印存
呉趙印存

呉熙載、趙之謙作/葛昌楹編

缶廬印存
缶廬印存

呉昌碩作

削觚廬印存
削觚廬印存

呉昌碩作

篆書八言聯
篆書八言聯

呉昌碩筆

秋色斕斑図軸
秋色斕斑図軸

呉昌碩筆

ページトップへ