玉島保存地区 たましまほぞんちく

その他 / 江戸 / 岡山県 

玉島阿賀崎、玉島中央町1丁目及び玉島3丁目の各一部

玉島はかつて瀬戸内海に点在する小さな島々でした。江戸時代に新田開発が行われ、寛文11年(1671)には新町に堤防が築かれました。この上にできた問屋街が新町で、最盛期を迎える元禄元年には43軒の問屋があり、200を超える土蔵が建ち並んでいたそうです。なまこ壁の見事な元西国屋の土蔵をはじめ、当時の商家や蔵が大切に保存されています。 高梁川流域の港問屋が移住し、海に臨む南面には蔵が、北面には店が軒を連ねました。 <保存地区の範囲>町並み重点整備地区:玉島阿賀崎,玉島中央町1丁目及び玉島3丁目の各一部 周辺景観保存地区:玉島阿賀崎,玉島中央町1丁目,玉島中央町3丁目及び玉島3丁目の各一部

関連リンク

玉島保存地区チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下津井保存地区
日南市飫肥(武家町 宮崎)
名古屋市有松
四万十川流域の文化的景観 上流域の農山村と流通・往来
旧鈴木家住宅(愛知県豊田市足助町) 大工小屋
ページトップへ